2019-01-09

どのブランドを選ぶ?おすすめの人気レディースバッグブランド10選

バッグブランド
画像出典:fotolia

オシャレなバッグは女性の必須アイテム!通勤からオフの日までずっと共にするからこそ、自分のお気に入りを選びたいもの。今回は5万前後で手に入るブランドから、一生モノとして使いたいハイブランドまで、人気のブランドバッグ一挙ご紹介します!今はどんなブランドが人気なのかチェックしていきましょう。

どんなブランドが人気?

通勤などで毎日気兼ねなく使うなら、5万円以下で買えて高見えするブランドバッグが人気です。フルラ、コーチ、マイケル・コースなどは比較的手が届く値段なので、20代前半から幅広い層に人気があります。

また、一生モノとして使う憧れのブランドバッグなら、エルメス、プラダ、グッチなどが根強い人気。値段もかなりお高めなので、コツコツ貯めた貯金で20代後半から購入を検討する女性が多いようです。

バッグ

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/culture/

ヴィヴィアン・ウエストウッドのバッグ

イギリスから誕生した、地球と王冠のモチーフで有名なヴィヴィアン・ウエストウッド。日本でも根強いファンが多いブランドですよね。奇抜なデザインでパンクなイメージが強いですが、英国のトラディッショナルなデザインもしっかり取り入れられているアイテムも多いです。

こちらのバッグはサファアーノレザーを使用していて高級感のある仕上がりになっています。固めの素材なので型崩れしにくくなっているのもポイント。付属のヒモを取り付ければショルダーバッグにもなり使い勝手も抜群!ピンクゴールドのブランドロゴがさり気なく女性らしさを演出しています。

ヴィヴィアン・ウエストウッドのバッグ

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/culture/

ヴィヴィアン・ウエストウッドのバッグ

楽天で検索

コーチのバッグ

ニューヨークで誕生したコーチ。使い込むほどに味が出てくる野球のグローブに注目し、コーティングを施さない自然の皮から手作業で作ったバッグを中心にファッション分野に進出したブランドです。高品質なのに比較的リーズナブルな価格で手に入るので、日本でも人気があります。

コーチのシンボルであるシグネチャー柄が施されたハンドバッグは、ダークトーンでシックにまとめられていてどんなシーンでも活躍しそう。シンプルなボストン型は見た目以上に収納力抜群!付属のヒモを取り付けてショルダーバッグとしても使えます。

コーチのバッグ

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/culture/

コーチのバッグ

楽天で検索

マイケル・コースのバッグ

ニューヨークから誕生したマイケル・コース。リーズナブルで洗練されたなバッグや腕時計、アイウェアが人気で、ティーンからセレブまで幅広い年代に支持されています。マイケルコース以外にも「マイケル・マイケルコース」や「コース・マイケル・コース」を展開しており、今後も目が離せないブランドです。

こちらは持ち手部分のスタッズはポイントのハンドバッグ。ポケットが多く、マチが広めなので小ぶりながらも収納力抜群!付属の紐を取り付ければショルダーバッグとしても活躍します。上品なデザインなのでデートやちょっとしたパーティーにもおすすめ!

マイケル・コースのバッグ

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/culture/

マイケル・コースのバッグ

楽天で検索

グッチのバッグ

イタリアを代表するブランド、グッチ。「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去のよいものを現代に反映させる商品作り」をコンセプトとしています。
グッチオ・グッチの頭文字であるダブルGのモノグラムは日本でも人気で、クラシックで上品なデザインは世代を超えて愛されています。

こちらはグッチの定番であるダブルGのノモグラムが施されたハンドバッグ。すっきりとした台形のシルエットは、持つだけで女性らしくスタイリッシュな印象にしてくれます。落ち着いた茶系の色味なので飽きが来ず、末永く使える事間違いなし!少しレトロな雰囲気がファッション全体を格上げしてくれます。

グッチのバッグ

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/culture/

グッチのバッグ

楽天で検索

プラダのバッグ

イタリアを代表するブランド、プラダ。上質な素材を使ったラグジュアリーなアイテムで世界中のセレブを虜にしています。レザー素材で有名なプラダですが、防水生地を使った「ポノコ」は軽さと機能性を兼ね備えているバッグとして大きな話題になり、今でも愛用者が多いです。

こちらは型押しレザーにさり気ないブランドロゴが添えられたプラダのハンドバッグ。ショルダーは取り外し可能で、ハンドバッグとショルダーバッグと2wayで使えます。ポケットやキーリングも付いていて、使い勝手も良く収納力も抜群!
細かい金具使いにも高級感を感じるデザインです。

プラダのバッグ

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/culture/

プラダのバッグ

楽天で検索

サンローランのバッグ

パリを代表するブランド、サンローラン。モード系の憧れのブランドそして日本でもファンが多いブランドです。無駄を削ぎ落としたシンプルで洗練されたデザインが特徴で、レディースバッグはもちろん、アイウェアからメンズまで幅広く展開しています。

滑らかなレザーにシルバーのロゴがポイントのハンドバッグ。洗練されたフォルムはシンプルながらも高級感が漂います!収納力もあり口が大きく開くので、使い勝手もも抜群!通勤にはもちろん普段使いもできるデザインで、持つだけでファッション全体を引き締めてくれます。

サンローランのバッグ

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/culture/

サンローランのバッグ

楽天で検索

エルメスのバッグ

フランスを代表するブランド、エルメス。言わずと知れた超高級ブランドで、中でも「ケリー」「バーキン」の二大バッグは女性の永遠の憧れ!海外の名だたるセレブが愛用している事でも知られています。現在でも高い品質と高度な職人気質をもとに、不動の地位を築き上げています。

こちらは台形のシルエットがエレガントなエルメスのハンドバッグ。レザーに白のステッチがアクセントになった上品なデザインです。広いマチや内ポケット、取り外し可能なショルダーなど、実用性も抜群!カジュアルからフォーマルまで幅広く使えます。

エルメスのバッグ

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/culture/

エルメスのバッグ

楽天で検索

シャネルのバッグ

パリに帽子専門店をオープンしたのが始まりのシャネル。「古い価値観に囚われない女性像」をポリシーに、ファッション界に様々な革命を起こしてきました。現在はレディースを中心にバッグや洋服、化粧品や小物など幅広く展開し、世界中の女性達を魅了しています。

こちらはシャネルらしいふっくらとしたマトラッセが魅力的なショルダーバッグ。メタル部分を控えめにし、上品な印象となっています。小ぶりながらもポケットが備わっているなど、使い勝手も申し分なし!パーティーやちょっとしたお出かけに活躍するバッグです。

シャネルのバッグ

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/culture/

シャネルのバッグ

楽天で検索

ケイト・スペードのバッグ

ケイト・スペードはアメリカから誕生したバッグブランド。ポップなカラーや大胆なデザインが特徴で、他にはない独特の世界観が多くの女性を虜にしています。バッグの他にもiPhoneカバーや財布などの小物も注目されています。
アパレルも本格的に開始しており、今後ますます目が離せないブランドです!

シンプルなデザインでシーンを選ばないケイト・スペードのレザーバッグ。クールになり過ぎる黒レザーも、ケイト・スペードらしい丸みを帯びた形なら女性らしい優しげな印象に。ショルダーの取り外しも可能なので、ちょっとしたお出かけやお呼ばれに活躍すること間違いなし!

ケイト・スペードのバッグ

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/culture/

ケイト・スペードのバッグ

楽天で検索

フルラのバッグ

イタリアで誕生したフルラは、創業当時に女性が社会進出し始める流れを受け、働く女性の為の機能的なアイテムを提供するようになりました。現在もそのポリシーは受け継がれ、手の届きやすい価格帯と機能性に優れたアイテムで世界中の女性に愛されるブランドとなっています。

シックなデザインながらもメタル部分がポイントになり、女性らしいデザインになっているこちらのバッグ。底のマチが広くなっているので収納力も抜群!口がガバッと開けられるので使い勝手が良く、まさに働く女性の為の高機能バッグ!シンプルで飽きが来ないのもポイント。

フルラのバッグ

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/culture/

フルラのバッグ

楽天で検索

お気に入りのバッグを見つけて

いつも持ち歩くものだからこそ吟味して選びたいブランドバッグ。憧れのハイブランドから5万円前後で買えるリーズナブルなバッグまで、デザインや値段は様々です。これからバッグの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

参考サイト

AXES (参照日 2018-12-25)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/culture/

Rouge編集部

Rouge編集部です。ファッションのトレンド情報やお役立ち情報を日々発信しています。

浴衣特集2019
水着特集2019

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事